自動車販売・各種保険

5.必要書類一覧

5.必要書類一覧

■売却時に必要な書類
普通自動車の場合

  1. 委任状(弊社用意)
  2. 譲渡証明書(弊社用意)
  3. 車検証
  4. 自賠責保険
  5. 自動車税の納税証明(当年度分)
  6. リサイクル券(預託金済みの場合)
  7. 実印
  8. 印鑑証明
  9. ご契約者様が既に出国済みの為に印鑑証明が発行出来ない場合は、(7)(8)の代わりにサイン証明が必要。

軽自動車の場合

  1. 自動車検査証記入申請書(弊社用意)
  2. 車検証
  3. 自賠責保険
  4. 自動車税の納税証明(当年度分)
  5. リサイクル券(預託金済みの場合)
  6. 認印

■車両購入時に必要な書類
普通自動車の場合(帰国後の住居決定後)

  1. 印鑑証明(売買契約成立後に詳細打合せ)
  2. 車庫証明(売買契約成立後に詳細打合せ)
  3. 自動車税申告書(弊社用意)
  4. 委任状(弊社用意)
  5. 自動車損害賠償責任保険(弊社で加入可能)
  6. [任意加入] 自動車保険(弊社で加入可能)

車庫証明申請等(貸ガレージ探しも含む)


帰国後の住居が確定すると、車庫証明申請の手配が可能です。早めに車庫証明申請を出していれば少しでも早く納車できますので、新しい生活でマイカーをご使用いただくことができるようになります。
もし、帰国後の住居にガレージが無い場合は弊社がご契約者様と打合せの上、日々の生活において少しでも良い条件の貸しガレージをお探しいたします。
車庫証明申請手続きから車両の登録にいたるまで弊社専属の行政書士を通して責任を持って申請手続きをいたしますので、どうぞご安心してお任せください。

* 以下のような場合は、合わせて追加の別途書類が必要です。

  1. 車検証の所有者がご本人以外の場合(弊社がお手伝いします)
    ⇒ 所有者の方から所有権解除の手続きが必要です。
     
  2. 引越しをしたのに車検証の住所変更をしていない場合
    ⇒ 住民票が必要です。
     
  3. 引越しを2回以上している場合
    ⇒ 住民票+戸籍の附票もしくは住民票の除票が必要です。
     
  4. ご結婚されて「姓」を変更している場合
    ⇒ 戸籍謄本が必要です。
     
  5. 区画整理などで住所標記が変更している場合
    ⇒ 行政区画変更証明書が必要です。
     


*サイン証明とは

サイン証明(署名証明)は、渡航先の日本大使館・領事館(在外交官)で取得できるもので、車両の名義変更をする際には印鑑証明と同じ効力を持ちます。車両の名義変更にはサイン証明と委任状・譲渡証明書に貼付して割印つきのものが必要になります。

参照: 外務省各種証明・申請手続きガイド (http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shomei/index.html#2_5)

 

<< 戻る  |  次へ >>